スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目指せQ1住宅  家の省エネ化 今から出来る事は?

新しいシリーズが始まりました。

DIYが趣味で家を建ててからというもの日々DIYに奮闘しております。
さて、冬期間のDIYというものは中々暇なものがありまして、庭作りも雪の為出来ないし外の作業もあまりの寒さにやる気がしません。 家の棚などを作ってきたのですが、こないだホームセンターでふとグラスウールが目に入りました。グラスウールとはこんな物ですが、震災時は手に入りにくく工事がストップすることも多々あったようです。

それからふと考えました。大した金額じゃないから屋根裏に敷き詰めようかな…?
そうすれば断熱性能が上がるんじゃないか?

そこからDIY中毒症状とQ1住宅への憧れが再燃してきました。
Q1住宅とはQ1住宅 - 新住協を見てもらえば分かるのですが

家の断熱性能に関する値は
Q値 家のトータルの断熱性能  1時間で何度温度が逃げちゃうか。
C値 家の隙間はどんだけあるか。

※K値 家の中から熱をどのくらい通すか、またどのくらい通さないか。
 K値は参考程度。Q値計算に使います。

このQ値とC値が揃って家の高気密、高断熱の性能はほぼ決まります。

どんなに立派な家をたててもこの二つがかみ合わなければダメです。
高性能な断熱材を使っても隙間があれば寒い。
隙間を全部なくしてもタダのビニールじゃ寒い。

高気密、高断熱の家は寿命も早くなる説もありますが、そもそも昔の家は断熱、気密の考えは今ほどありませんでしたし、家族の人数変化によってリフォームもしなければなりません。
私の考えはやはり高断熱、高気密住宅に住み一番重要な期間を快適に住みたい。

なぜ私がここまで興味が出たのかと言うと、
2012012722580000.jpgこんな本を読んでいたからです。

ある住宅メーカーに仕事で行ったときに要らないからと貰ってきた本です。
この本をもらったころにはすでに図面は出来上がっており、基礎が始まったころでした。

なので今さら断熱強化は無理だったんです。しかも断熱以外のことで頭がいっぱいで読むのが遅かったな…程度で終わっておりました。

しかーし。このQ1住宅への憧れの気持ちがDIY中毒と重なり猛烈に目指したくなりました。
でも今からは出来ないことと出来る事が分かれてしまいます。まさか壁を壊して断熱強化するわけにもいきませんしね。

我が家の千田工務店の断熱基準は
次世代省エネ基準のⅡ地域の標準値 Q値=1.9以下(千田工務店の基準)を目指して設計されています。

床  押出ポリエチレンフォーム3種   100㎜
壁  高性能グラスウール16k     100㎜
天井 吹込み用グラスウール18k    250㎜

C値  1.12(他の家の性能なので平均値ではない)

岩手のハウスメーカーとしては標準です。特別優れてるわけでは無いと思います。しかしこの内容で太陽光も付いて他とそん色ない価格で建てれますのでコスパはとても優れていると思います。
もちろんなんでも希望すれば叶えてくれる千田工務店ですからこのQ,C値を上げたい場合は対応してくれるでしょう。
ただ、予算がかかります。最初から私も考えていればお金を出してでも希望してたと思います。

現在家を建ててしまったのでどうしようも出来ません。ただ、出来る事はあると思います。

上記の値もきちんと施工されていればの話。
ちょっとした隙間や断熱施工されていないところがあれば絵に描いた餅で終わってしまいます。
そこで施主自身が勉強し、家の点検出来るところをくまなくチェックし、設計通り性能が出てるか、またそれ以上に性能を上げて行けるか、自分で出来る事を考えていこうというのがこの
目指せ!!なんちゃってQ1住宅 今から出来る事」です。


この記事を読んだ人は家って外観や内装が大事でしょ。って思っている人も少しは興味を持ってほしいし、自分が出来なかったことを実践して良い家を建てて欲しいです。

そしてそんな家は快適でお金もかからないエコハウスとなるでしょう。太陽光も付ければ建てるときは大変でお金もかかるけど、建てた後は楽になること間違いナシ。

そして今回のシリーズは今からでも出来る事を実践していきます。もちろんDIYで。

次回からは実践編。お楽しみに…??

ホンダ太陽光発電
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

アルハイ

Author:アルハイ
アルハイ 
→アルファードハイブリッド

趣味
競馬/マラソン /DIY 
漫画(3000冊所有)/バイク 
ドライブ/ 旅行 /温泉
太陽光の勉強 /エコ /セコ 
 

   

発電ランキング
ベスト3
1位 H24.5/13 37.6kw
2位 H24.4/12 36.2kw
3位 H23.5/15 35.8kw
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブログランキング

ポチッと押すと元気が出ます。 ポチッと押すと発電します。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
随時ブログの相互リンク先を募集中です!!ぜひお仲間に加えてください。コメントから頂けると助かります!
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール2
HEM125PCB
7列6段 42枚
合計5.25kw

屋根 ほぼ真南 傾斜 30°くらい

北上の千田工務店で新築と同時に設置。
なお千田工務店は岩手では
類を見ない太陽光発電4.39kw標準設置のハウスメーカーです。 導入金額1KW=39.25万円 
補助金(国と市)8万円差引いて計算
5.25kw×392.500円=「2.060.625円」
が導入した場合の金額になります。

千田工務店ではパナソックとシャープと京セラとホンダが選べます。
金額は同じですがパナは4.0KWが基本です。もちろんHITパネルがお勧めです。
ホンダは設置費用が安いのですが、カタログの年間予想発電量は国内全メーカーよりほぼ劣ります。10社のうちの9位ぐらい。
でも私の根拠の無い持論によるとさすがに9位は無いだろ!と思いブログを開設することで皆様の発電所と比べていけたら良いなと思います。>
エコやセコに関する話題もあったら随時。
競争する事でもございませんが、今後太陽光発電を導入される方の参考になればと思います。

アルハイ

Author:アルハイ
アルハイ 
→アルファードハイブリッド

趣味
競馬/マラソン /DIY 
漫画(3000冊所有)/バイク 
ドライブ/ 旅行 /温泉
太陽光の勉強 /エコ /セコ 
 

   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。